子どもの「見て見て!」は大人になっても続く

ぬりえをしているのは、子どもではなく、お母さんである私です。 綺麗に塗り終わると、子どもたちに「見て見て!!」と言います。 この光景、多分通常は逆が多いですよね。 子どもがぬりえをして、お母さんに「見て見て!」と言う。 そんな子ども達に「あーうんうん、上手だねー」と適当な返事をしてしまう時があります。 けれど、私がぬりえをして子どもたちに見せると、子どもたちは「わぁ!お母さんすごーい!上手!」と全力で反応してくれます。 その瞬間、子どもが1日に恐ろしい回数の「見て見て!!」を言ってくる気持ちが理解できるのと、適当に返事されるときっと寂しい気持ちになるだろうなという反省が生まれます。笑 子どもと同じ事をやってみると見える気持ちがありますね。 けれど、よく考えると見て見て現象は大人になっても続いています。 面白い動画を見つけたらシェアしちゃうのも、見て見て現象。 インスタで美味しいご飯、綺麗な景色、友達との時間などアップするのも、見て見て現象。 反応して欲しいし、褒めて欲しい。 大人は批判してしまったりする人もいるけれど、子どもって見て見て現象への対応力も高い!見習いたいところだと思います。 誰かに見て欲しい気持ちって、とても自然な事ですね。 見せたい相手が、親から友達やSNSに代わっていくだけで根本は変わっていない。 こうやって今私が投稿を書いていることも、見て見て現象。笑 #ピアノ講師 #子育て #子育てあるある #ぬりえ #見て #変わらないもの #子供のいる暮らし #ママの息抜き

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示